ホテルサンパレス
スタッフブログ

復元・猿猴橋

猿猴橋
平成28年3月28日、被爆70周年記念事業として施行された猿猴橋の復元作業が終了し、大正15年当時の美しい姿を取り戻しました。

enko7.jpg
ほぼ同じアングルから撮った復元前の猿猴橋。
金属の部分が花崗岩でアレンジされているのがわかります。

enko2.jpgenko3.jpg
戦時中の金属不足により供出されてしまった豪華な装飾も、残された資料を元に忠実に再現されています。

enko4.jpg
欄干には「猿猴」に由来する猿がデザインされています。申年にふさわしいモチーフですね。
「猿猴」は河童の別名でもあります。橋が架かる猿猴川には河童伝説も残っています。
enko5.jpg
以前の猿猴橋の一部が、案内板とともに北側のたもとに展示されています。
enko6.jpg
毎年見事な紅白の花を咲かせていた木瓜の花も移設されていました。
桜より少し早く開花し、桜の満開と同じころ、見ごろを迎えます。

一帯は桜並木が美しい場所です。
マツダスタジアムからも近いので、デーゲームの際は、少し足を延ばして川沿いを散歩されてみてはいかがでしょう。
2016年04月02日 | Comment(0) | 広島観光

広島駅リニュアル【跨線橋】

黒田選手の復帰に湧くカープの公式戦は開幕初日の3月27日。
マツダスタジアムで初めて迎えるホームでの開幕戦です。
年間指定席は早くに完売、開幕3戦の整理券配布日には朝早くから長蛇の列ができる人気ぶりでした。

入場券を求めて、今年初めてカープロードを訪れ、駅周辺の変貌ぶりに驚かれた方も多いのではないでしょうか。
11月に一足早くリニュアルを終えた広島駅跨線橋も、初めて訪れた方には印象深いようです。
station1.jpg
明るく開放的になったのはもちろんですが、これまで、各ホームで営業していたショップが跨線橋に勢ぞろいし、とても利用しやすくなっています。
イートインのお店も増え、乗り継ぎに間が空いてもストレスなく過ごせそうです。

駅周辺の再開発ともども、まだまだ発展途上の広島駅。
カープ観戦とともに、変わりゆく駅とその周辺もお楽しみください。
2015年03月15日 | Comment(0) | 広島観光

新白島駅開業

北陸新幹線開業と同日の3月14日、JR新白島駅がオープンしました。
shinhakushima_1.jpg
同じく新設されたアストラムライン新白島駅と新白島駅バス停もすぐそば。市北部へのアクセスが今まで以上に便利になりました。
また、広島城のお堀まで徒歩約7分、そして平和公園も徒歩圏内です。
観光プランの幅も広がります。

shinhakushima_2.jpg
shinhakushima_3.jpgこちらはアストラムラインの新白島駅です。
まっしろいチューブが横たわったような駅舎は存在感があり、遠くからでもよく目立ちます。
特徴的な丸い窓は、構内から見上げると、まるで木漏れ日のようですね。


2015年03月14日 | Comment(0) | 広島観光

レンタルサイクル「ぴーすくる」

広島市観光レンタルサイクルが名前も新たに復活しました!!
今度の自転車は真っ赤なボディが鮮やかな、坂道もラクラクの電動アシスト自転車です。
サンパレスにもっとも近いサイクルポートは、前回同様、広島駅南口第三駐輪場とエールエールA館東側です。
日増しに温むこれからの季節の観光にピッタリの自転車で、広島の街を颯爽と走ってみませんか。

peacecle.jpg家広島市観光レンタルサイクルぴーすくる
  登録制・1,000円/日
2015年03月03日 | Comment(0) | 広島観光

愛友市場その後

年末より解体が始まった広島駅前再開発Cブロック。
現在は覆われていたシートが外され、遠方の景色が見えるようになりました。

c_block1.jpg
カープロード沿いは視界が遮られ、あまり開放感はありませんが、建物がなくなって、以前よりずっと空の面積が広いからか、圧迫感までは感じません。

c_block2.jpg
かつて愛友市場のアーケードがあった場所です。この位置から広島駅が見えるのは新鮮。
こちらは、一部メッシュ状のシートとなっているため、開放感があり、工事の様子も良く見えます。

すっかりあとかたもなくなったCブロックの横で、Bブロック東棟の工事が順調に進んでいます。
おそらく、今が一番広島駅周辺の見通しがよい時期だと思いますので、広島駅にいらっしゃった際は、是非周辺の散策をお楽しみください。
2014年05月28日 | Comment(0) | 広島観光

失われる広島の年末風景

広島駅南口の再開発事業最後の地区、Cブロックの解体が着工されました。Cブロックは年末、正月準備の買い物客で賑わう愛友市場が含まれる地区です。
年末ニュースの定番、愛友市場の歴史は古く、戦前までさかのぼるそうです。昔の広島をご存知の方には「荒神市場」という名称のほうがお馴染みかも知れないですね。
kojin_1.jpg

kojin_2.jpg

先に始まったBブロックは既に解体作業が完了し、駅前から眺める景色は寂しいほどすっきりしています。
間もなくCブロックも建物が解体され、さらに涼しい景観になることでしょう。
kojin_3.jpg
再開発が完了するのは平成28年の予定。
それまでの、期間限定の景色です。
2013年12月03日 | Comment(0) | 広島観光

桜情報2012と京橋川雁木群

今月2日にようやく開花宣言が出たと思ったら、既に8分咲きになっている場所もあるようです。このままいきますと週末には見頃のピークを過ぎてしまうのではないでしょうか。

サンパレスの周辺も突然色めいてきました。
いつもでしたら開花情報をお知らせするのですが、今回は京橋川筋に残る雁木群を紹介したいと思います。
水の都・広島には300以上もの雁木があると言われていますが、特に京橋から栄橋間の雁木はバリエーションに富んでいるそうです。
川が交通手段として利用されていた頃、川側の玄関口として個人が作ったものも多いようです。
この雁木群は平成19(2007)年に土木学会選奨土木遺産に「京橋川雁木群」として登録されています。
gangi2.jpggangi1.jpg
雁木群のある川沿いは桜並木と遊歩道が整備されていますので、この時期の散歩はとても気持ちいいですよ。サンパレスにお泊りの際は是非散策を楽しんでくださいね。

「雁木群」のことをもっと知りたくなった方は、今月14日から広島市郷土資料館で開催される「企画展『雁木』〜広島の水辺の記憶〜」に足を運んで見られてはいかがでしょう。
ビル広島市郷土資料館
【所在地】
広島市南区宇品御幸2丁目6-20
【開館時間】9:00〜1700 月曜休館
【入館料】
一般 100円 / 小中高校生 50円
【アクセス】
広電宇品行に乗り、宇品二丁目駅下車、徒歩約5分



2012年04月06日 | Comment(0) | 広島観光