ホテルサンパレス
スタッフブログ

失われる広島の年末風景

広島駅南口の再開発事業最後の地区、Cブロックの解体が着工されました。Cブロックは年末、正月準備の買い物客で賑わう愛友市場が含まれる地区です。
年末ニュースの定番、愛友市場の歴史は古く、戦前までさかのぼるそうです。昔の広島をご存知の方には「荒神市場」という名称のほうがお馴染みかも知れないですね。
kojin_1.jpg

kojin_2.jpg

先に始まったBブロックは既に解体作業が完了し、駅前から眺める景色は寂しいほどすっきりしています。
間もなくCブロックも建物が解体され、さらに涼しい景観になることでしょう。
kojin_3.jpg
再開発が完了するのは平成28年の予定。
それまでの、期間限定の景色です。
2013年12月03日 | Comment(0) | 広島観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: