ホテルサンパレス
スタッフブログ

桜情報2012と京橋川雁木群

今月2日にようやく開花宣言が出たと思ったら、既に8分咲きになっている場所もあるようです。このままいきますと週末には見頃のピークを過ぎてしまうのではないでしょうか。

サンパレスの周辺も突然色めいてきました。
いつもでしたら開花情報をお知らせするのですが、今回は京橋川筋に残る雁木群を紹介したいと思います。
水の都・広島には300以上もの雁木があると言われていますが、特に京橋から栄橋間の雁木はバリエーションに富んでいるそうです。
川が交通手段として利用されていた頃、川側の玄関口として個人が作ったものも多いようです。
この雁木群は平成19(2007)年に土木学会選奨土木遺産に「京橋川雁木群」として登録されています。
gangi2.jpggangi1.jpg
雁木群のある川沿いは桜並木と遊歩道が整備されていますので、この時期の散歩はとても気持ちいいですよ。サンパレスにお泊りの際は是非散策を楽しんでくださいね。

「雁木群」のことをもっと知りたくなった方は、今月14日から広島市郷土資料館で開催される「企画展『雁木』〜広島の水辺の記憶〜」に足を運んで見られてはいかがでしょう。
ビル広島市郷土資料館
【所在地】
広島市南区宇品御幸2丁目6-20
【開館時間】9:00〜1700 月曜休館
【入館料】
一般 100円 / 小中高校生 50円
【アクセス】
広電宇品行に乗り、宇品二丁目駅下車、徒歩約5分



2012年04月06日 | Comment(0) | 広島観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: